[寅] 株式会社 石寅

お墓について

| 墓地について| 墓石について| 実際にお墓が立つまでの流れ| お墓に関するQ&A| 人にやさしいお墓づくり| 耐震構造墓石|

墓地について

墓地の種類

墓地にも運営の形態によっていくつかの種類があります。

寺院の墓地

寺院が管理運営する墓地のこと。

お寺の境内というのは「聖地」です。寺院墓地はお寺の境内や、それに隣接する場所にあるのですから、まさに「聖地」にお墓を建てることになります、これほど恵まれた環境はありません。

また、墓地を管理しているのがお寺、つまり住職ですから、何よりも安心して任せられます。

本来、お寺と檀家という関わりの中で作られた墓地なので、檀家になることが条件になることが多いです。

しかし、最近では自宅などでの仏事とは別に、お墓での仏事だけをそのお寺で見てもらう、「墓檀家」制をとる寺院墓地もあり、必ずしも「檀家」にならなくてもよくなってきています。

いずれにしても、お寺とのお付き合いを必要としますので、その内容などの確認が必要となります。

霊園

大規模に造成された墓地で、郊外にある場合が多い。

管理運営者によって条件が違うので、細かくチェックする必要があります。

「公営霊園」は都道府県や市町村などの自治体が管理、運営している墓地です。利点は永代使用料、管理費などが安い、宗旨宗派が自由と言った点です。その反面、取得には様々な条件があり、一般的に地域住民に限られる場合がほとんどです。また、募集を常に行なっている訳ではなく、有っても希望者が多く抽選になる事が多く、永代使用権の取得が困難です。

「民営霊園」公益法人(財団法人・社団法人)などが、または宗教法人が従来の寺院墓地以外に運営する墓地です。

公益法人が運営する霊園の場合は宗旨宗派、使用資格などに、ほとんど制限が無い事が一般的です。

こういった民営霊園は広い敷地に造られていることからも、明るく美しい公園のイメージが強く、従来の墓地よりも、欧米の墓地の雰囲気に近い感じがあります。

なお、宗教法人(寺院)が運営する霊園の中には宗旨宗派を問わないところもあります。

村落墓地など

古くから村落には住民が共有する墓地がありました。また、個人が私有地に墓地を作る事も以前はありました。それらは「墓地、埋葬に関する法律」(墓埋法)制定以前に作られた墓地で、現在は新しく作ることはできません。

墓地の基礎知識

寺院や霊園により、墓地に区画面積を示す単位は異なりますが、関西では一般的に「1聖地」と言い90cm(3尺)四方が単位となっています。 ただし、墓地によって、独自の基準や、最低聖地数などがありますからよく確認して下さい。

墓地を買うとよく言いますが、実際は墓地の「永代使用権」を得るのです、けっして、土地そのものが売買されるのではありません。従って、墓地管理者に支払うのは「永代使用料」であって、墓地の土地代金ではありません。

永代使用権ですから、始めの契約時に権利は発生しています。したがって、お墓の移転などにより、墓地を管理者に返還しても永代使用料は返ってきません。もし、墓石を建てずに返還する場合でも同じです。

また、ほとんどの墓地では定期的に(月間・年間・他)設備費などの管理費を支払わなくてはいけません。

墓地の契約時に、永代使用権、管理費、その他に、使用権の譲渡・転貸などの禁止、墓石に関する制限(形・大きさ等)、墓石・外柵の施工期限、等に関して、墓地・霊園ごとに定められた「使用規定」を交わして契約となります。

墓地により様々ですが、使用規定には「使用権の取消」が定められている事が一般的です。例えば、管理費の未納が続いたりすると、使用権の取消になる場合もあります。

永代使用権は契約者と、その継承者にのみが有します。

祭祀の継承については民法第八百九十六条(相続の一般的効力)、及び第八百九十七条(祭祀に関する権利の承継)に従います。

墓地選びのポイント

1:宗旨宗派

先にも書いたとおり、寺院墓地の場合は宗旨宗派が自分と合っているかが重要です。

2:立地条件

いくら良い墓地に、立派なお墓を建てても、お墓参りに行けなくては意味がありません。

自宅からの交通の便がよいかどうかは重要なポイントです。

車、鉄道、バス、タクシー等、どのようなルートで行けるか、行程だけではなく、公共交通機関なら運行状況なども調べておきましょう。駅やバス停から近くても、電車やバスが1時間に1本以下などでは、所要時間がかかりすぎます。少々遠くても、交通の便がよければ以外に短時間で行けます。

3:環境

墓地の環境としては、日当たりがよく、水はけのよい所がいいでしょう。

4:設備

寺院墓地ならばお寺の本堂などが利用できますが、霊園の場合は法要のために施設や、休憩所などがあると便利です。 また車で行く場合は駐車場の収容台数が十分であるか等も重要です。

5:管理

寺院墓地ならばお寺の住職や、お寺の方が管理をされているので安心です。

霊園の場合は管理事務所の有無や、管理人が常駐しているかなど、管理体制を確認しておきましょう。

6:その他

墓地を決める時は必ず現地を見に行くようにしましょう。パンフレットなどでは良く解らないことがあります、永代使用権を得てから気に入らないことがあっても換えられません。

墓地と指定石材店

民営霊園、寺院墓地の中には一つ、またはいくつかの石材店を指定石材店とし、原則的にはその石材店以外はその墓地で墓石を建てられない場合があります。

民営霊園の場合は、霊園の開発に協力した石材店が墓石を建てることが多いのです。また、寺院墓地の場合は、長年の関係等から、墓地や墓石などの事を特定の石材店に任せて、指定石材店としている場合もあります。ですから、もし特定の石材店でお墓を建てたい場合は、その石材店が出入りできる墓地、または公営の墓地で墓所を探すか、その石材店で墓地を案内してもらうとよいでしょう。

古・無縁墓石について

古いお墓を新しいお墓に建て替えた場合、古い墓石は魂抜きをして撤去するわけですから、厳密に言えば「古石材」と言えなくもありません。

しかし、長年家族や子孫が折に触れ礼拝してきたお墓をにする事は、多くの人たちの倫理観からみても望ましい事とは思えません。

特に棹石(仏石)は名号や題目、家名等の文字が彫られ、その名(仏石)が象徴するように礼拝の対象としてのお墓の本体であり、いくら魂を抜いたとはいえ、その意味が全く失われるものではないでしょう。

では、お墓の建て替えで出た古墓石はどのようにすれば良いのでしょうか?

寺院墓地などでは、無縁となった墓石(主に棹石)を一ヶ所に集めて祀っているのをしばしば見かけます。このように墓地内に古い墓石を安置できればそれが一番です。しかし、墓地にも敷地の限界があり、すでに安置されている墓石があるので、いずれ安置できなくなることでしょう。

そこで近年、各地の石材店や石材業組合などが、独自に古い墓石を安置する場所を確保し、定期的に法要を行うところがあります。弊社でも、丹波工場の近隣に古・無縁墓石を安置、供養する場所を設けております。

弊社、京丹波町古・無縁墓石安置所

お墓の移転・改葬について

近年では生まれ育った土地を離れ、大都市近郊に住まいを持つ人が多くなりました。それに伴って、地方にある実家を継ぐべき人が実家に戻れないケースが増えているようです。

そのため、遠方にある実家のお墓参りをする事が大変な苦労になり、お墓参りの回数が減って十分にご先祖様の供養ができていないご家庭も多いのではないでしょうか。さらに、その子・孫の世代になれば、地方のお墓は顧みられなくなってしまうでしょう。

また、最近少子化が進み、一組の夫婦が両家のお墓を継承していくことが多くなり、離れた場所にあるそれぞれのお墓の面倒を見なくてはならない事も生じやすくなっています。

遠方にあるお墓を現住所の近くの墓地に移設する、あるいは新しくお墓を立ててご先祖のお骨や、その代わりとなる土をそこに納める。そのような方法で遠方から近くにお墓を移転すれば、お墓参りも頻繁に行くことができ、ご先祖様への供養になる事でしょう。

先祖伝来の地からお墓を移転することに、抵抗を感じる方も多いと思います。しかし、お参りがない状態で永年故郷に放置してお墓を疎かにする事がよいとは思えません。

このような時に、よく検討されるのがお墓の移転、改葬です。

改葬は「墓地、埋葬等に関する法律」の規定に従って行わなければいけません。

お墓を改葬するには、現在のお墓がある自治体が発行する「埋葬証明書」へ現在お墓がある墓地の管理者に記名、捺印を受け、新しくお墓を作る墓地の管理者が発行する「受入証明書」と併せて新しい墓地がある自治体に「改葬許可申請書」を出して発行された「改葬許可書」を、新しい墓地の管理者に提出する。

自治体によって多少の違いはありますが、概ねこのような手順になります。

法的な手続きの他に必要になるのは、地方の菩提寺から新しいお寺に菩提寺を変える場合、前の菩提寺から檀家を離れ、新しい菩提寺の檀家になるために、離檀、入檀の手続きが必要です。

離檀に当たっては、誠意をもってご住職と話し合いを持ち、ご理解を頂いて気持ちよく離檀するように心掛けたいものです。

また、親族間の理解も重要です。いくら自分がお墓の継承者だといっても、先祖代々のお墓を親族に無断で移転するようなことはしないで、必ず親族の合意を得るようにしましょう。

墓石について

1:お墓の種類

先ず初めに、お墓に祀られる人による種類についてみてみましょう。刻字の詳細は別に説明します。

また、墓地によっては以下に挙げるお墓の全てが建てられるとは限りません。ですから、建てたいお墓によって、墓地を探す時の条件も変わってきます。

1-1:代々墓

家族を祀っていくお墓です。基本的に直系子孫が入っていくことになります。現在最も一般的に見られるお墓です。直系子孫が継承するので、次男以下の方は分家の初代として、新しく代々墓を建てるのが一般的になります。

刻字は、正面に家名か、名号・題目、側面や後面に建立年月日と建立者、別の面に戒名(法名・法号)など。

また、別に霊標(墓誌)を置いて、そちらに戒名などを彫る場合もあります。

1-2:夫婦墓

夫婦を祀るお墓です。古くはよく有ったのですが、最近では昔からこの形式で続いているので新しいお墓もこの形式にされる場合か、子供がいない場合や、娘ばかりで嫁に行って、直系子孫がいなくなる場合に建てられる事が多くなっています。

刻字は、正面に夫婦の戒名(法名・法号)、側面や後面に建立年月日と建立者、別の面に歿年月日や俗名、行年など。

1-3:個人墓

個人を祀るお墓です。夫婦墓同様、古くはよく有ったのですが、現在では本人がこだわりを持って生前に、あるいは故人の遺志により遺族が建てられる場合や、特にめざましい功績を残した人などを顕彰するために建てられる事が多いようです。

いずれにしても、故人の功績や趣味などを表す形にされることがあります。

刻字は、正面に個人の戒名(法名・法号)、側面や後面に建立年月日と建立者、別の面に歿年月日や俗名、行年など、が一般的ですが、これにとらわれずに個人の功績などを彫ったり様々です。

1-4:両家墓

長男、長女同士の結婚などにより、二つの家のお墓を一つの家庭が見ていかなければならない事になった場合、元々の両家のお墓をそのまま見ていければいいのですが、遠距離になるなど、様々な困難を伴うことがあります。そういった時に両家を祀るお墓です。

少子化が進むこれからの時代に増えて行くかもしれません。

刻字は、正面に両家の家名、または名号・題目、他の面は代々墓と同じと考えてよいでしょう。尚、正面を名号・題目にした場合は、花立てなど、他の正面向きのところに両家の家名を入れるとよいでしょう。

1-5:永代墓

子供がなく、自分たちのお墓を建ててもお墓を継承する者がいない場合に、夫婦や跡継ぎのいない近親者、あるいは一人で入り、その後の祭祀を寺院や霊園などが行なってくれるのが永代墓です。

上記の、夫婦墓や、個人墓と同じようですが、先の方は祭祀は誰かが継承するのに対して、こちらの方は継承者が必要ない点が特徴です。

1-6:合祀墓

永代墓同様、継承者がいない、または継承を前提としない人が入るのですが、永代墓のように、個人や近親者のみで入るのではなく、信仰や信条を共有する人達を祀るお墓です。

また、寺院墓地などで永代供養の為に建てられる事があります。

2:石材について

墓石材の種類は、概ね産地別で、更に目の細かで分類することもあります。

その種類は国産材、外国材合わせて約300種類に上りますが、実際には各地方、石材店により、大体20~30種類程度に絞られます。中でも最も親しまれているのが、御影石と呼ばれる花崗岩。硬質で風化に強く、磨くと光沢が出て、仕上がりが美しいのが特徴です。

主な石材
いし おおしまいし たきいし まんなりいし きたいし

香川県産

微粒ないし細粒質の石材で、埋蔵量が少ない。

墓石用石材としては最高級品。

愛媛県産

中粒質の石で墓石用として用いられる。 品質・価格とも庵治石に次ぐ高級品。

福島県産

石の目は中目と細目がある。

主として墓石材として用いられる。

岡山県産

中粒質で色むらが少ないため、墓石・記念碑に適す。

建築用材としても著名。

岡山県産

中粒の雲母花崗岩で、大材が産出可能。

建築用材に適している。

3:形

お墓の形で最も一般的なのは3段型の石塔で、地域によって付属品などが多少変化しますが、下台・上台と、台石を2段に重ね、その上に仏石(棹石)を据えるのが基本の形です。

その他に、五輪塔や宝篋印塔などがあります。

また最近では洋型も増えてきました。

お墓の形には必ずこうしなければいけないという決まりはありません。ですから、他にも自然石のお墓や、故人の生前の業績や趣味などに関したものをかたどった彫刻型や、抽象デザイン型など、いろいろな形がありますが、代々受け継いでいくものですから十分に検討しましょう。

4:刻字

お墓に彫る文字を、意味合いで大別すると5種類。

戒名・法名・法号など

夫婦墓、個人墓の場合は、正面に戒名(法名・法号)のみを彫ります。

代々墓等の場合は、側面か裏面、あるいは霊標(墓誌)に歿年月日、俗名、享年等とともに彫る場合が一般的です。

経文・名号・題目など

「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」「南無釈迦牟尼仏」「南無大師遍照金剛」などや、種字(種子)等の梵字、円相などがあります。

家名

一般的に、家名は正面に彫られます。

「〇〇家之墓」「〇〇家」等が一般的です。また、「〇〇家先祖代々之墓」等もあります。神道なら、「〇〇家之奥城」「〇〇家之奥津城」「〇〇家之奥都城」のようになります。

詩句・成句など

詩句や成句などの文言、あるいは「寂」「夢」「無」「真」「心」など、漢字一字などが最近増えつつあります。

記録的な文字

建立者の名前や建立年月日などを棹石や上台の側面・裏面に彫ることが一般的です。

実際にお墓が建つまでの流れ

では、実際にどのように流れで墓所の選定から墓石の建立、その後の仏事に至るか順を追って見て行きましょう。

  1. 墓地を探して墓所を決める。
  2. 墓地契約
  3. 墓石を決める。
  4. デザインを決める。
  5. 石材を決める。
  6. 彫刻文字を決めて原稿を確認する。
  7. 墓石加工、据付工事。
  8. 墓石完成。
  9. 開眼法要。

大きく見るとこのような流れになります。

では、それぞれを詳しく見ていきましょう。

墓地を探して墓所を決める

先にも書いたように、墓地は必ず現地を見に行くようにしましょう。

墓地を探す時は、広告やチラシなどのほか、地元の石材店に条件などを提示して相談すれば、たいていいくつかの墓地を紹介してくれます。

墓地契約

墓所が決まれば、次は墓地契約を行ないます。必ず「使用規定」をよく確認して下さい。

「使用規定」の中に外柵工事、建墓などの期限が定められている場合は期間内に工事を完了しないといけません。

墓石を決める
デザインを決める

墓石のデザインには大きく分けて3種類、和型、洋型、オリジナルデザイン、になります。

和型の場合は、棹石の幅を基準にしてそれぞれの大きさが決まっています。また、地域等によって形やバランスに違いがあります。

洋型は近年、宗旨宗派にとらわれない方を中心に、公園墓地などに多く見られるようになってきました。

形も、横型以外にも縦型など、様々な形があります。

オリジナルデザイン墓は、技術的に可能ならばどんな形にでも作ることができます。しかし、あまり変わったデザインだと、個人のお墓としては良いかもしれませんが、代々墓として建てる場合はお勧めできません。

家族はもとより、代々にわたって納得できるデザインの墓石を建てることをお勧めします。

石材を決める

デザインが決まれば、次は石材をどうするか決めていきましょう。

墓石として使われている石材の種類は約300種とも言われていますが、多くの石材店では過去の実績などからお薦めできる何種類かに絞って取り扱っているのが一般的です。

墓石として一般的によく使われるのは花崗岩(御影石)、斑糲岩、安山岩、閃緑岩等があります、いずれも仕上がりの美しさや、風化への耐久性などから選ばれるものが多いのです。

石材の価格は石目の細かさや産地等で大きく変わってきます。一般的に目が細かい方が高く、有名産地になれば更に高価になってきます。

また、彫刻など、加工を加えればそれだけ墓石の値段は高くつくので、予算に応じてデザインと石材とのバランスを考えればいいでしょう。

彫刻文字を決めて原稿を確認する

多くの場合、お墓の正面には「〇〇家之墓」「〇〇家」等の家名か、「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」「南無釈迦牟尼仏」「南無大師遍照金剛」や、梵字などを彫ります。

宗派によっては望ましい文字などがある場合があります、お寺や、石材店に相談して、ふさわしい文字を選びましょう。

書体もいくつか種類がありますが、紙に印刷するのではなく石に彫刻するものなので、それほど多くの種類はありません。

石材店が文字を作る場合は手書きとデジタル出力があります。

寺院墓地などではお寺の住職が文字を書かれる場合もあります。また、自分で文字を書く方もあります。

いずれにしても、できて来た実際に彫刻する文字の原稿を確認し、文字に誤りがないかよく確認します。特に戒名・法名や俗名の文字には間違いやすい文字が多いので、誤りがないかよくチェックしましょう。

墓石加工、据付工事

文字の確認ができ、墓石の加工ができていれば、石材店は文字の彫刻に取り掛かります。 また、お墓の完成予定日に合わせて基礎工事などを行ないます。

墓石完成

墓石、その他附属物を据え付けて完成です。

開眼法要

お寺にお願いして、お墓の開眼法要を行ないます。これで、今までただの石だった墓石は「お墓」になり、礼拝の対象となるのです。

お墓に関するQ&A

Q. 宗旨・宗派不問などという言葉をよく目にしますが、いったいどういう意味でしょうか?

A. 宗教的に正確な意味は別として、このような場合、一般的に使われる意味として、宗旨・宗派不問とは、宗教が不問の場合で、宗派不問は既成仏教であれば何宗でも問わない、と言うように理解すればよいようです。

Q. 遺骨を自宅に置いておく事はできますか?

A. 家族など近親者や、縁のある人の遺骨であれば法的には問題ありません。

他人の遺骨を預かるには都道府県知事から「納骨堂」の許可が必要です。

また、家族の遺骨であっても、一度納骨を済ませてしまうと遺骨の取り出しのために改葬許可が必要になりますが、個人宅で改葬許可をとることは難しいでしょう。

Q. 自宅の庭に遺骨を埋葬したいのですが?

A. 「墓地、埋葬に関する法律」では「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行つてはならない。」とあり、墓地以外に遺骨を埋葬すれば違法行為となります。

散骨については「節度をもって行われる限りは違法性はない」とされるようですが、住宅地などで散骨することは「節度ない」行為になりますから、法律違反になってしまいます。

Q. 跡継ぎがいないのですが、先祖代々のお墓を無縁にしたくありません、どうすればいいでしょうか?

A. 寺院や墓地の管理者に相談すれば、そちらで管理をしてくれるかもしれません。

また、永代墓を建て、寺院や墓地管理者で「永代供養」を依頼できるならそのような方法もあります。ただし、永代供養の定義はまちまちですので、初めに十分確認しておきましょう。

Q. お墓を相続したら税金はどうなるのですか?

A. お墓、仏壇、位牌などを祭祀財産といい、これらを相続しても税金はかかりません。また、一般財産の相続に対して祭祀財産が影響することもなく、他の財産とは扱いが異なっています。

Q. お墓のリフォームについて。

A. どんなに頑丈に立てられたお墓でも、長い年月風雨に曝されたり、地盤の変化などの影響を受けるため、いずれは風化や傾きなどが生じてしまいます。

そこでリフォームをしてお墓を一新するということが行なわれています。古いお墓を全て建て替えたり、いったん解体して据え直したり、リフォームにも色々あります。

ただ、いくらお墓をきれいに直しても、お墓参りに行かないのでは意味がありません。

また、雑草の生えた墓所等は見栄えも悪いですし、苔の生えた墓石は見栄えだけでなく、墓石の劣化を速める原因となりますので、こまめなお墓参りを心がけたいものです。

Q. お墓を生前に建ててよいのでしょうか?

A. 生前に建てるお墓を寿陵といい、大変縁起のいいものとされています。

仏教でも生前に自らの仏事を営むことを逆修といい功徳を積めるものとしています。寿陵はこの逆修にあたるものです。

以前は身内が亡くなってからお墓を建てる事が多かったのですが、最近は生前にお墓を建てる人が増えてきました。仏教ではいつお墓建てないといけない等の決まりがある訳ではないので、思い立った時に建てるのが良いのではないでしょうか。

石寅の提案するこれからのお墓づくり

石寅では次のような、墓地・墓石のご提案をしております。是非ご覧下さい。

人にやさしいお墓づくり

これからの高齢化社会に向け、バリアフリーな墓地を目指して。

top

耐震構造墓石

地震大国日本のため、地震に強い墓石。

top